HOME>アーカイブ>京都駅から電車で約30分の場所にあるエリアです

どんな街なのか

マンションの模型

京都府の南部にある城陽市は、京都市と奈良市のほぼ中間に位置します。城陽市内にはJR線と近鉄線が走っていて、30分程度で京都駅までアクセスできます。2020年時点の人口は約7万人ですが、市の面積が狭いため人口密度は京都府内でも高いです。京都市にほど近い場所にありますが、農業も盛んに行われていて、特にイチジクの出荷は京都市場で約9割のシェアを占めています。このような城陽市には、賃貸住宅などの不動産物件が数多くあります。京都市へのアクセスの良さが大きなメリットであり、単身者やファミリー向けの不動産物件が多いです。JR奈良線や近鉄京都線の沿線を中心に物件が多く、特にJR城陽駅や近鉄寺田駅周辺に集まっています。

まずはどんな物件があるかチェックしよう

城陽市にある賃貸住宅を借りたいのであれば、まずどのような不動産物件があるのかチェックしなければなりません。土地勘がある人であれば、気になるエリアを下見すると良いでしょう。そうでない場合、住宅情報サイトなどからどのような不動産物件があるかを調べる必要があります。大手の住宅情報サイトならば、家賃相場や物件の外観、さらには間取り図や内部の情報などが詳しく掲載されています。検索をかければ一覧で物件情報が表示されるので、1つ1つの物件を細かくチェックしておくと良いでしょう。

地元の会社にコンタクトを取ろう

住宅情報サイトなどで気になる不動産物件を見つけたら、その物件を管理している不動産会社にコンタクトを取ってみましょう。城陽市内或いはその周辺の市町村の不動産会社が管理していることがほとんどです。連絡先は住宅情報サイトに掲載されているので、気軽に相談してみると良いです。ただし、年度末などの繁忙期は予約が取りづらく、また条件の良い物件ほど早く成約してしまいます。そのため、もし城陽市に引越すことが決まったら、早め早めに準備することが望ましいです。

広告募集中